医師の求人現代!

患者さんの健康の維持と病気回復のために活躍する医師の求人を考える!

TOP > 美容整形 脂肪吸引 豊胸 > 豊胸術 豊胸の幹細胞脂肪注入法

目次

  1. 豊胸の幹細胞脂肪注入法
  2. 美容外科の豊胸手術の種類
  3. 豊胸を受けるなら美容外科医師選びが重要です
  4. ソフトコヒーシブ豊胸で評判が高い大阪の美容整形クリニック
  5. 豊胸術のvaserって?
  6. 豊胸術はvaserで受けるべし

豊胸の幹細胞脂肪注入法

美容整形の豊胸に興味がある人は、美容外科にいきます。

その豊胸手術には、いくつかの方法があります。まずはじめに、人工乳腺法です。プリンセスバッグといって、日本人の女性向けに作られたバッグです。次に、幹細胞脂肪注入法です。

細胞とは、バストに注入すると、脂肪細胞に栄養を供給する血管となります。その結果2カップ以上のさいずあっぷが可能となります。 他には、脂肪注入法があります。

また、ヒアルロン酸注入法もありますが、こちらは1カップのサイズアップとなります。美容外科へ行って、自分に合った方法で美容整形をするのがいちばんです。

脂肪吸引・豊胸等美容整形について

美容外科の豊胸手術の種類

美容外科での豊胸術には、脂肪注入、シリコンバッグ挿入、ヒアルロン酸注射の3種類があります。脂肪注入は、自分の脂肪を注入する方法で、拒絶反応もなく安全です。しかし、半カップから1カップほどしかバストアップできないため、ナチュラルに仕上げたい人に向いています。

シリコンバッグ挿入は、好みの大きさのシリコンバッグを挿入するため、2カップ以上のバストアップが可能です。しかし、触った感触が固く、バレやすいというデメリットもあります。豊胸のためのヒアルロン酸注射は、体への負担も少なく、施術時間も短いのがメリットです。

しかし、時間とともに体に吸収されるので、効果が長続きしません。これらのことを考慮し、美容外科で相談するのが良いでしょう。

豊胸を受けるなら美容外科医師選びが重要です

小さいことや、左右の大きさが違うなど、バストについて悩んでいる女性はたくさんいます。その悩みを解消する方法の1つが、美容外科による豊胸です。

ヒアルロン酸やPRPジェルを注射器で注入する方法や、シリコン製のバックを挿入する豊胸方法があります。そのどちらも、施術する医師選びが重要になってきます。

美容外科の中でも豊胸はドクターの腕前があらわれやすい手術だからです。施術前にカウンセリングを受け、手術経験や具体的な実例を聞くことで腕前をチェックすることができます。

可能であれば、クリニックの院長に豊胸施術をお願いするのも1つの方法です。

メニュー

医師の求人現代!HOME   医師求人   非常勤の医師求人   医師転職   医師募集   脂肪吸引   脂肪吸引大阪 豊胸

『医師の求人現代!』では医療現場で働くドクターの医師転職を応援しています。現状より良い医師求人や医師募集がないか探している方に向けたコンテンツを揃えております。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。美容外科クリニックの脂肪吸引と豊胸に関する美容整形情報もご紹介しています。

ソフトコヒーシブ豊胸で評判が高い大阪の美容整形クリニック

ソフトコヒーシブとは、内容物に粘性の高いシリコンジェルを使っている豊胸バッグです。 美容整形を行っているクリニックで、豊胸手術を行う際には、切開が必要になり、切開をする部分が比較的大きめになってしまうこともありますが、バッグが破損しても内容物が流出しにくいという利点があります。

美容整形をする際に大切なのが、クリニック選びですが、やはり評判の良いクリニックにするのが賢明かなと思います。電話で対応を確認してみるのも大切です。 特に大阪や東京はクリニックの数も多いので、後悔のないよう納得が行くまで確認しましょう。

豊胸術のvaserって?

豊胸術でも今よく耳にするのが「vaser」と呼ばれている施術方法です。一体従来の脂肪注入とどこが異なっているのでしょうか?まず従来の脂肪注入施術は、体の気になるところにメスをいれてそこについている脂肪を取り覗きます。

その取り除いた脂肪を胸にもっていって、豊胸するというものです。しかしvaserでは脂肪を取り除くのではなく、脂肪細胞を取り除いて、細胞ごと胸に移植するという施術方法です。

細胞ごと動かすため、今までよりも定着率も、永久性も高くなっており、レベルが高い施術を受けることができます。少し費用が高いですが、それだけの価値がある施術方法です。

豊胸術はvaserで受けるべし

vaserという名前の特殊な超音波を使った、豊胸術が登場しています。メスで切開したり、注射でヒアルロン酸を注入する施術とも異なります。自分の痩せたい部分から、特別な器具で脂肪を吸引し豊胸に使います。

吸引してすぐの脂肪を使うので、感染症やアレルギーのリスクが減ります。痛み、腫れ、出血も最低限に抑えられ、抜糸後、数回通院すれば施術は完了します。直接人から見られることがない胸ですが、胸の形や大きさを気にする人が減ることなどないでしょう。特に、薄着になったり水着を着ることが多くなる夏が近づくと、施術を受ける人が増加します。