医師の求人現代!

患者さんの健康の維持と病気回復のために活躍する医師の求人を考える!

TOP > 脂肪吸引 > 効果的な脂肪吸引

目次

  1. 効果的な脂肪吸引
  2. 脂肪吸引の術後の患部の変化
  3. 効果が大きい脂肪吸引はリスクもある
  4. 脂肪吸引後はどういう経過をたどりますか
  5. 料金差が大きな脂肪吸引
  6. 脂肪吸引の傷口のケアの方法
  7. 脂肪吸引と皮下脂肪の状態について
  8. 安心して脂肪吸引を受けるためには

効果的な脂肪吸引

ダイエットにエクササイズ、何をやっても痩せないと女性の悩みに多いとされるのが太ももです。過度なダイエットは上半身が痩せてしまうだけで逆効果、つらい筋肉トレーニングは続きません。

本気で痩せたいと考えるなら一番手軽で効果的な脂肪吸引がお勧めです。脂肪吸引は脂肪を落とすのではなく吸引して取り除くため、気になる部分を短期間でスリムにできます。

以前は時間がかかるとされていた大腿まわりの脂肪吸引も、最近では最新機器の開発によってスムーズに効率良く吸引できるようになりました。気になる料金は太もも全体では30万円前後からとやや高額ですが、範囲が大きいため、内側のみ、外側だけ、前や後ろのみといった部分的な施術も可能です。

ピンポイントなら値段もぐっと下がり、費用を抑えてさらに手軽に受けることができます。

脂肪吸引の術後の患部の変化

脂肪吸引の施術の際には、患部の変化の状態を継続的に観察することが成功のコツとして挙げられます。最近では、術後の経過を確かめるために、専門的なカウンセリングのサービスが充実しているクリニックを選ぶ女性が増えています。

また、脂肪吸引の施術に関するリスクや注意点については、大手のメディアで具体的に紹介が行われることがあるため、いち早く必要な知識を身に着けることが大事です。現在のところ、脂肪吸引の安全性にこだわりのあるクリニックが目立ちますが、同時に治療法の選び方をマスターすることで、数々の負担を軽減することができます。

脂肪吸引・豊胸等美容整形について

効果が大きい脂肪吸引はリスクもある

体内に蓄積されている脂肪を物理的に除去する方法として脂肪吸引があげられ、外科医療に該当することから美容整形もしくは美容外科などの医療機関で取り扱われています。

一般的にメスを用いた切開により体内へ管を通し、不必要な脂肪を直接吸引する手術であるため、リバウンドの確率を低下させられる一方で身体への負担がやや大きく、入院や感染症・腹部が凸凹になってしまうといった様々なリスクは存在します。

よって、万が一に備えた医療機関選びが重要となり、術後の入院やケアを予め想定した上で脂肪吸引を受けるのが安心といえます。

メニュー

医師の求人現代!HOME   医師求人   非常勤の医師求人   医師転職   医師募集   脂肪吸引   脂肪吸引大阪 豊胸

『医師の求人現代!』では医療現場で働くドクターの医師転職を応援しています。現状より良い医師求人や医師募集がないか探している方に向けたコンテンツを揃えております。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。美容外科クリニックの脂肪吸引と豊胸に関する美容整形情報もご紹介しています。

脂肪吸引後はどういう経過をたどりますか

脂肪吸引手術から約1週間ほどは、痛みや腫れ、内出血によるあざが出ます。3週間ほどで痛みや腫れ、あざが改善してきたのが実感でき、努力すればなんとか普段通りの生活ができるようになってきます。1ヶ月ほどで施術した部分につっぱりや硬さを感じます。

1ヶ月~2ヶ月ほどで、手術前と同じように過ごせるようになってきます。2ヶ月~3ヶ月ほどで皮膚のつっぱりや硬さが改善しているのが分かります。色素沈着の他には特に気になる点がなくなってくる時期です。3ヶ月以降は色素沈着も薄くなり、傷痕も気にならなくなります。脂肪吸引でスリムになったことにも慣れてきて、体が完成したのを実感できます。

経過には個人差がありますが、だいたい早くても3ヶ月ほどで完成の状態になります。

料金差が大きな脂肪吸引

脂肪を根こそぎ取る事が可能なvaserは、数ある脂肪吸引の方法の中でも最も多量の脂肪を取る事ができます。その理由は、特殊な波動を利用して肌の下にある皮下脂肪をしっかりと液体状に溶かすことで全てを取り除く事が可能であるためです。一般的に脂肪吸引というのは、物理的に器具を体内に向かって挿入するため様々な組織に傷が付いてしまいます。

そのため、術中に多くの出血が生じたり術後に何らかの不調に見舞われる事もあります。一方、vaserは血管をはじめとする組織に悪影響を及ぼしにくいという特徴があり、とても安全性に優れています。気になる施術料金ですが、施術する部位により大きく異るというのが実情です。

頬や顎の下であれば18万円で行う事ができますし、背中などの広い範囲なら36万円になります。また、最も多くの人々が脂肪吸引を希望するお腹なら56万円となり大きな出費と言えます。お得なセットプランなどがあるので、行う際はそういったプランも調べてみましょう。

脂肪吸引の傷口のケアの方法

脂肪吸引の施術の利点として、術後に傷口が目立たないことや、肌への負担が少ないこと等があります。最近では、納得のゆくまでカウンセリングの機会を利用する女性が増えてきており、各地のクリニックの実績の良しあしをじっくりと比較することが望ましいといえます。

また、脂肪吸引の効果を期待するためには、時に高額な費用が掛かることがあるため、定評のあるクリニックの治療実績に目を向けることによって、将来的なリスクに備えることが大事です。その他、定期的に傷口の状態を観察することで、後遺症の危険性を抑えることがポイントです。

脂肪吸引と皮下脂肪の状態について

脂肪吸引の施術の効果の現れ方については、人それぞれの皮下脂肪の量や新陳代謝の状態などに影響されやすいことが分かっています。そのため、常日ごろから経験豊富な美容外科や皮膚科の医師などからアドバイスを受けることで、ダイエットの効率を高めることが可能となります。

現在のところ、皮下脂肪に関するコンプレックスに悩まされている女性が珍しくありませんが、早期に脂肪吸引の施術の申し込み方を理解することがとても効果的です。その他、脂肪吸引の施術後のケアの方法を正しく理解することで、美しい肌質を維持することができます。

安心して脂肪吸引を受けるためには

高価ながら理想的な部分痩せを可能にしてくれることで人気が高い脂肪吸引ですが、安心して施術を受けるためにはやたらと安い価格に飛びつかないようにしましょう。経験の少ない医師に施術を任せることになるかもしれず、脂肪は取れても肌の凹凸が残ってしまうかもしれません。とはいっても、高いよりは安い方が良いというものです。

どうしても予算が無く他よりも安価に設定された美容外科に行く場合は、何故安いのかを良く確認してみましょう。その上で納得できる脂肪吸引の施術を受けるためには自分の希望をしっかりと伝え、美容外科任せにはしないことが大切です。